ここから本文です

養鶏場からニワトリ2羽が謎の失踪…犯人はニシキヘビ/台湾・台東

中央社フォーカス台湾 7/31(日) 18:18配信

(台東 31日 中央社)「どうしてどんどん少なくなるんだろう」

台東市内で養鶏場を営む男性は悩んでいた。大切に育てていたニワトリ2羽が今月に入り相次いで失踪していたからだ。

路上生活者が盗んだのかもしれない――そう思った男性は見張りを強化したが、結局原因は分からなかった。

犯人探しをあきらめかけていた27日午前、男性の目に飛び込んできたのは、体長が2.6メートルある巨大なビルマニシキヘビ1匹。お腹には2カ所にぽっこりとコブが出来ていた。「ニワトリはこいつに食べられたんだ」。

ヘビは通報で駆けつけた消防隊によって間もなく捕獲された。重さは20キロに達していたが、文字通り満腹だったためか、攻撃的になることはなかった。

台東県消防局は、台東市街にビルマニシキヘビは生息していないとし、ペットとして飼われていたものが捨てられたのではとみている。

(盧太城/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/31(日) 18:18

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。