ここから本文です

明石家さんま 「27時間テレビ」SMAP中居に事前忠告「嫌だったら出るな」

リアルライブ 7月31日(日)11時30分配信

 明石家さんまが、23日~24日放送のフジテレビ夏の大型特番「FNS27時間テレビ フェスティバル!」のワンコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で、SMAPの中居に対し、「嫌だったら出るな」と事前忠告していたことが、わかった。

 さんまは、30日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」でその舞台裏を明かした。さんまはディレクターを通して、中居に「とにかく俺は、これを聞くから、お前は自由に嘘でもええし、なんでもええから答えるようにしてくれ」と忠告していたという。

 また、「こういう事態になって。必ず聞くから、後はもう、お前に任せる」と伝え、「それが嫌だったら、出るな」、「『さんま・中居』のコーナーなしでいいから」とSMAP中居に全てを一任していたようだ。

 さんまは、「それが嫌だって言うなら、断ってくれた方が有り難いし」と本音を語り、また、CM中には「この空気に負けてシャレにならん事を言っちゃダメだから」と中居を心配し、かなり気を使いながら喋っていたという。

 「FNS27時間テレビ」では、さんまが「SMAP解散&分裂」騒動の真相について中居に詰め寄ったが、中居は「円滑にいってますから」とコメント。ただ、多くは語らなかった。

最終更新:8月1日(月)14時36分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。