ここから本文です

「ネスレマッチプレーレクサス杯」決勝は時松隆光と小田龍一 1億円をかけた最終マッチへ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月31日(日)11時39分配信

北海道の恵庭カントリー倶楽部で開催されている国内男子のツアー外競技「ネスレマッチプレーレクサス杯」最終日は、午前8時にベスト4による準決勝が開始。時松隆光が小田孔明を1UPで、小田龍一が小平智を3&2で破り、引き続き行われる決勝戦への進出を決めた。スタートは12時45分を予定している。

本名は「源蔵」 ただいまブレーク中?時松隆光のフォトギャラリー

時松は今大会初出場。前週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でツアー初優勝を飾った勢いそのままに、2回戦の藤田寛之、3回戦の谷口徹に続き、歴代賞金王に3連勝。国内最高額の優勝賞金1億円に王手をかけた。

小田龍一は2014年の第1回大会から3年連続の出場。これまで1回戦敗退が続いていたが、今年は1回戦で初白星を挙げてから快勝を続け、22歳の新星に勝るとも劣らない勢いで決勝まで勝ち進んだ。

<準決勝の結果>
○時松隆光 1UP 小田孔明●
●小平智 3&2 小田龍一○

最終更新:7月31日(日)12時50分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)