ここから本文です

アントニオ・バンデラス、ジャンニ・ベルサーチの伝記映画に主演

映画.com 7月31日(日)12時0分配信

 [映画.com ニュース] スペイン出身のアントニオ・バンデラスが、イタリアのファッションデザイナー、故ジャンニ・ベルサーチ(1946~97)の伝記映画にベルサーチ役で主演することがわかった。

 「ペレ」「リスボンに誘われて」のビレ・アウグスト監督がメガホンをとる新作「ベルサーチ(Versace)」は、ベルサーチが伊ミラノに同ブランドを設立した1970年代後半から、97年に米マイアミの別荘でゲイの男娼に射殺され、50年の生涯を閉じるまでを描くと報じられている。

 ちなみにバンデラスは、2015年の夏から、英ロンドンの名門ファッションスクール「セントラル・セント・マーチンズ」でメンズウェアのデザインを学んでいるそうだ。特に今回の役作りというわけではなく、自身の今後の可能性を広げるためにも、さまざまな知識を蓄えたいと考えてのことだという。

 なお、ベルサーチ社は本作を「フィクションの産物」と呼んで認めておらず、一切関与しないという姿勢を貫いている。

最終更新:7月31日(日)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。