ここから本文です

マークセンがシニア初勝利 鈴木亨は後退4位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月31日(日)17時52分配信

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 最終日◇太平洋クラブ六甲コース(兵庫県)◇6830yd(パー72)

先輩たちの夢を乗せて!全米プロ奮闘中の松山英樹フォトギャラリー

首位に4打差の4アンダー4位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が1イーグル、7バーディの「63」で回り、通算13アンダーとして逆転優勝を飾った。

昨年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」を含む国内ツアー5勝のマークセンは、ことし1月に50歳になった。今季も日本とアジアのレギュラーツアーを主戦場とする一方で、国内シニアツアーはこれが3試合目。過去2試合もトップ10に入っており、2日間大会でしっかり実力を誇示した。

2打差の通算11アンダー2位に真板潔。10アンダー3位に高見和宏が入った。マークセンと同じくシニア1年目の鈴木亨は初日を終えて単独首位だったが、後半の3ボギーが響いて「71」。通算9アンダーで高橋勝成、尾崎直道と並び4位だった。

最終更新:7月31日(日)17時52分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]