ここから本文です

U-23日本、五輪前のラストマッチでブラジルに完敗/国際親善試合

ISM 7月31日(日)10時40分配信

 U-23日本代表は現地時間30日(以下現地時間)、リオ五輪前最後のテストマッチに臨み、開催国ブラジルに0対2で完敗した。

 ブラジルは前半からスピードとテクニックで試合を支配。32分にバルボサのゴールで1点を奪うと、その後もマイアがクロスバー直撃のシュートを放つなど、追加点を奪いにいく。

 続いて迎えたFKのチャンスはネイマールのシュートがまたもクロスバーに阻まれたが、41分にCKからマルキーニョスがヘッドを決めて2対0。スコアはそのまま動かず、ブラジルが完勝した。

 前日の会見で「強豪国との対戦で相手の強さを思い知らされてみたい」と語っていた手倉森監督。その言葉どおり、日本は個人技に秀でた開催国に苦しめられる格好となった。

 リオ五輪男子サッカーは8月4日に開幕を迎え、グループAのブラジルは南アフリカと対戦。グループBの日本はナイジェリアと顔を合わせる。ブラジル戦のキックオフは日本時間5日の4時、日本戦のキックオフは同10時の予定。

最終更新:7月31日(日)10時40分

ISM

スポーツナビ サッカー情報