ここから本文です

「うどんの国の金色毛鞠」OPはWEAVER、原作を読み「心が浄化された気持ちに」

コミックナタリー 7月31日(日)12時21分配信

篠丸のどか原作によるテレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」のオープニングテーマを、WEAVERが担当することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

WEAVERは神戸出身の3人組ピアノロックバンド。マンガを読んだ心境を「香川を舞台に主人公宗太とポコを中心に繰り広げられるぬくもり溢れる世界観に、読み終えた後とても温かく心が浄化された気持ちになりました」と語り、主題歌について「そんなこの作品の登場人物たちの、意識せずとも互いが互いの支えになり暮らしていく姿からインスピレーションを受けて作りました」とコメントを寄せた。タイトルなどの詳細については続報を待とう。

「うどんの国の金色毛鞠」は実家のある香川のうどん屋に戻ってきた主人公・宗太が、人間の少年に化けられるタヌキのポコと過ごす日常を描くファンタジー。原作マンガは月刊コミック@バンチ(新潮社)にて連載されている。アニメは10月より日本テレビ・西日本放送ほかでオンエア。

WEAVERコメント
この秋、「うどんの国の金色毛鞠」のオープニングテーマをWEAVERが担当させていただくことになり大変嬉しく思います。このお話を頂いた次の日早速原作を手にし、香川を舞台に主人公宗太とポコを中心に繰り広げられるぬくもり溢れる世界観に、読み終えた後とても温かく心が浄化された気持ちになりました。そんなこの作品の登場人物たちの、意識せずとも互いが互いの支えになり暮らしていく姿からインスピレーションを受けて作りました。WEAVERの音楽でこの作品をより色彩豊かなものにし、皆さんに「うどんの国の金色毛鞠」の世界を存分に楽しんでもらえれば幸いです。

アニメ「うどんの国の金色毛鞠」
キャスト
俵宗太:中村悠一ポコ:古城門志帆中島忍:杉田智和大石凛子:中原麻衣藤山俊亮:福山潤ガオガオちゃん:黒田崇矢ミミ:牧野由依モモ:古城門志帆次回予告:要潤(うどん県副知事)

スタッフ
原作:『うどんの国の金色毛鞠』篠丸のどか(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)監督:宅野誠起助監督:臼井文明シリーズ構成:高橋ナツコキャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子美術設定:イノセユキエ美術監督:合六弘色彩設計:小野寺笑子撮影監督:後藤晴香編集:吉武将人音響監督:鶴岡陽太音楽:橋本由香利アニメーション制作:ライデンフィルム製作:「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

最終更新:7月31日(日)12時21分

コミックナタリー