ここから本文です

仁川空港免税店の売上高 ヴィトンに代わる首位は? 

聯合ニュース 7月31日(日)15時36分配信

【仁川聯合ニュース】韓国のたばこ製造会社KT&Gの売上高が昨年に続き、今年上半期(1~6月期)も仁川国際空港免税店で売上高トップを記録したことが31日までに分かった。たばこ税の引き上げが大きく影響したとみられる。

 国会国土交通委員会の所属議員が仁川国際空港から提出を受けた資料によると、2015年と今年1~6月期のKT&Gの売上高は1031億ウォン(約94億円)と718億ウォンで同空港免税店の売上高トップを記録した。

 2012年から3年連続のトップは高級ブランド「ルイ・ヴィトン」だった。

 この議員は昨年1月のたばこ税の大幅な引き上げにより、KT&Gの売上高が増加したと分析した。

 一方、仁川国際空港免税店の全体の売上高は2011年に1兆6987億ウォン、12年に1兆9462億ウォン、13年に1兆9498億ウォン、14年に2兆935億ウォンと増加を続けたが、15年は1兆9990億ウォンに減少した。

最終更新:7月31日(日)15時44分

聯合ニュース