ここから本文です

マルミゴウカイが3歳3冠レースの第1弾を制す/ばんえい大賞典

netkeiba.com 7月31日(日)20時6分配信

 31日、帯広競馬場で行われた第41回ばんえい大賞典(3歳・200m・1着賞金100万円)は、2つ目の障害を3番手でクリアした藤本匠騎手騎乗の4番人気マルミゴウカイ(牡3、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量670kg)が、そこから一気に前を交わして抜け出し、2着の3番人気キタノリュウキ(牡3、ばんえい・村上慎一厩舎、積載重量670kg)に7.7秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分48秒5(馬場水分1.9%)。

 さらに3.3秒差の3着に5番人気ツルイテンリュウ(牡3、ばんえい・山田勇作厩舎、積載重量670kg)が入った。なお、1番人気ムサシブラザー(牡3、ばんえい・久田守厩舎、積載重量670kg)は7着、2番人気アラワシキング(牡3、ばんえい・西邑春夫厩舎、積載重量670kg)は9着に終わった。

【勝ち馬プロフィール】
◆マルミゴウカイ(牡3)
騎手:藤本匠
厩舎:ばんえい・槻舘重人
父:ダイエイヒーロー
母:ミツパワー
母父:ダテパワー
馬主:宮本康弘
生産者:出村孝光
通算成績:24戦10勝(重賞1勝)

最終更新:7月31日(日)21時21分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。