ここから本文です

慰安婦財団理事長にスプレー 20代男に逮捕状=韓国

聯合ニュース 7月31日(日)16時35分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の裁判所は31日、旧日本軍の慰安婦被害者を支援する「和解・癒やし財団」の金兌玄(キム・テヒョン)理事長に催涙剤の入ったスプレーをかけた20代の男の逮捕状を発行した。ソウル南大門警察署が明らかにした。

 男は28日にあった同財団の発足式などの後、金理事長や女性家族部の職員に催涙剤の入ったスプレーをかけた疑い。同署は29日に逮捕状を請求。地裁が31日午前0時に逮捕状を出した。

 警察の調べによると、男は護身用で販売されているスプレーをインターネットで購入して犯行に使用した。特定の団体には加入しておらず、韓日両政府による昨年末の「慰安婦合意」に反対し、犯行に及んだと供述しているという。

最終更新:7月31日(日)16時35分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。