ここから本文です

プチダイエット&身体リセット! 半日ファスティング

ZUU online 7月31日(日)11時10分配信

芸能人やモデル、スポーツ選手なども取り入れている「ファスティング(断食)」。食事を断つことで一定の間内臓を休ませ内臓本来の機能を回復させるという、いま話題の健康療法です。その効果は幅広く、体内デトックスやダイエット効果が期待できるといわれています。

しかし、一般的なファスティングは一日では終わらないため、サラリーマンには厳しいスケジューリングです。そこで忙しいあなたも気軽に挑戦できる「半日ファスティング」という方法をおすすめします。

■通常のファスティングとどう違う? 半日ファスティングの方法

通常のファスティングは3日~1週間ほどの期間かけて行うプログラムがほとんどです。基本的には数日間食事をとらない方法のため、デトックス効果は期待できるものの挫折してしまう恐れがあります。そこでおすすめなのが「半日ファスティング」です。プチ断食ともよばれ、初心者におすすめの方法です。

半日ファスティングは「3食のうち1食を断食する」という方法です。ポイントは「18時間胃腸を休ませる」ことです。昼食のトライでは思った効果が得られないかもしれません。朝食もしくは夕食をファスティングにあて、18時間の間隔を確保しましょう。

ファスティング中は基本的に水分以外絶食ですが、いきなり食事を断つということは身体への負担も大きいため、代わりに酵素ドリンクや青汁などを摂取する方法が一般的です。酵素ドリンクとは、野菜や果物などを発酵させた酵素やアミノ酸、ビタミンなどが含まれたドリンクです。この酵素ドリンクや青汁を飲むことによって最低限の栄養分を補い、身体にムリのかからないファスティングが実行できます。空腹感を抑える役割もあるので、初めてのファスティングの場合はぜひ取り入れてみましょう。

■半日ファスティングで期待される効果は?

さて、気になる効果ですが、まずはデトックス(毒素や老廃物排出)が期待できます。飽食の時代に生きる私たちは、身体に不要な栄養や有害物質がたまり排出できずにいます。ファスティングで内臓を休めてリセットすることにより、内臓本来の活力を取り戻すことができるといわれています。そのため、新陳代謝も改善され、便通や肌の調子がよくなったり、ダイエット効果も期待できるでしょう。

また感じ方は人それぞれですが、ほかにも「味覚が変わった」という意見もあります。ファスティング後には味覚もリセットされ、添加物の多いものや味の濃いものを口にすると、舌がピリピリする感覚があるという人もいるそうです。普段の食生活を振り返るきっかけになるかもしれません。

■半日ファスティングの回復食としておすすめの食べ物

ファスティングを終えた後の食事は「回復食」とよばれ、ファスティングを成功させる重要ポイントになってきます。ファスティング後の空っぽになった胃に突然大量の食事を詰め込めば、胃に負担がかかり、むしろ不要なトラブルを引き起こすきっかけになります。

回復食としては、おかゆやお味噌汁、豆腐、蒸し野菜などの胃にやさしい食事を「腹八分目」で摂取するようにしましょう。油ものや味の濃い食事、アルコールなども厳禁です。時間をかけて元の食生活に戻すことにより、胃や内臓に負担なく回復させることができます。

■ファスティングで身体も心もリセット!

ファスティングはダイエット効果が期待でき、さらに便通や味覚回復、体調改善にも役立つといわれています。1食だけ抜く半日ファスティングなら、無理なく気軽に取り掛かることができそうです。そして初めての半日ファスティングが成功したら、1回限りではなく、食生活が乱れているときなど気になったときに取り入れていくといいかもしれません。(提供:ヘルスグリッドオンライン)

最終更新:7月31日(日)11時10分

ZUU online