ここから本文です

「ヨーロッパツアーでやってみたい」時松が世界の扉を開ける

ゴルフ情報ALBA.Net 7月31日(日)19時25分配信

 2016年の7月は時松隆光にとって忘れられない月となるだろう。7月1日にはチャレンジトーナメントの「ジャパンクリエイトチャレンジin福岡雷山」で自身初の優勝を飾り、その資格で出場した先週の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でツアー初優勝。さらにはその優勝で出場のチャンスを得た今週のマッチプレーで1億円をゲット。7月だけで1億1,180万円を稼いだことになる。

時松、優勝賞金1億円をゲット!!

 ツアー優勝により2年のシード権を得た時松だが、この1億円は本人さえも想像していなかったに違いない。 ただ大会の主旨でもある“勝者よ、世界の扉を開け”というコンセプトは強く意識している様子で、海外挑戦意欲も見せている。「自分の飛距離では正直、PGAツアーは厳しいと思うんです。行くならヨーロッパだと考えています」。学生時代に共にナショナルチームに選ばれ競い合った川村昌弘が欧州ツアーに挑戦していることもあり、海外ツアーの話を聞くことがあると言う。

 持ち味であるショットの正確性を武器に戦えるフィールドを冷静に見極めているあたりは、今週のマッチプレーでの勝利は決してまぐれではなかったのだろうと感じさせる。柔よく剛を制すではないが、飛ばなくても自分の強みを活かせばツアーでも戦えることを証明した時松。ツアーで久しくいなかった若い玄人ゴルファーが現れた。自身の武器を生かし、世界に羽ばたいてもらいたい。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:7月31日(日)19時25分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]