ここから本文です

自民都連の内田茂幹事長、報道陣に取り囲まれるも無言貫く

THE PAGE 7/31(日) 21:25配信

 31日に当開票された都知事選で、自公などの推薦を受けながら当選とはならなかった増田寛也氏の選挙事務所。増田氏が敗戦の弁を述べた30分後、自民党都連の内田茂幹事長は事務所の出口に姿を現した。わっと報道陣に取り囲まれたが、事務所から車まで百メートル以上、もみくちゃにされながら無言を貫き通した。

【写真】「自民都連のドン」に批判ツイート連発 猪瀬元知事の意趣返しか

 報道陣からは、「小池さんへの思いは?」「小池さん支援の議員の処罰は?」「『親族まで処罰』の文書が逆効果になったのでは?」など矢継ぎ早に質問が投げかけられたが答えず、用意された車に乗り込み、立ち去った。

最終更新:7/31(日) 22:48

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。