ここから本文です

リヴァプール、オリギ&フィルミーノ弾でミランに勝利 本田は69分から出場/ICC

ISM 7月31日(日)14時20分配信

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(以下ICC)は現地時間30日(以下現地時間)に、北米ラウンドの試合が行なわれ、リヴァプール(イングランド)が本田圭佑所属のミラン(イタリア)に2対0で勝利した。

 リヴァプールにとって、プレシーズン7試合目となったこの日は、新加入のヴァイナルドゥムが先発でピッチに立ち、休暇から戻ったスターリッジもスタメンで出場。試合は59分にオリギがネットを揺らすと、73分にフィルミーノが加点し、そのまま逃げ切った。

 本田は69分から出場し、82分にボナヴェントゥーラのクロスにヘッドで合わせるシーンもあったが、得点を挙げることはできなかった。

 第1戦でチェルシー(イングランド)に敗れていたリヴァプールは、これでICC初白星。このあとイングランドに戻り、8月6日にロンドンでバルセロナ(スペイン)と対戦する。ミランは米国に残り、3日にチェルシーと対戦する。

最終更新:7月31日(日)19時51分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。