ここから本文です

新しいApple Watchの楽しみ方を提供するsacaiのバンド

ITmedia ヘルスケア 7月31日(日)7時8分配信

 今回は、ファッションブランドsacaiから登場したApple Watch向けバンドをご紹介する。

【パッケージを開けると……】

 sacaiは1999年に阿部千登勢氏が設立し、日常の上に成り立つデザインをコンセプトとして支持を集めてきた。イッセイミヤケ、コムデギャルソン、ヨウジヤマモト以来の世界規模のデザイナーとして、評価されている。

 レースなどの素材を用いたミックススタイルや、鮮やかなプリント柄を織り交ぜたアシンメトリーを特徴としており、そうしたコンセプトをApple Watch向けのバンドでも楽しむ事ができるのだ。

 日本でも絶大な人気を誇るブランドから、Apple Watch向けのバンドが発売され、瞬く間に完売となってしまった。運良く、42mm向けゴールドのバンドを1本購入することができた。

 筆者はファッション業界とはほど遠いが、10年以上業界に身を置く家人がsacaiのファンということで、これまでで最も喜ばれたプレゼントだった。

●sacai for Apple Watch

 sacaiのバンドは、クロコダイル調のレザーと、力強いチェーンで構成された2つの素材を組み合わせるデザイン。バンドの化粧箱への収納方法からすると、手首に装着した際に手前の半周がレザー、奥の半周がチェーンという構成になっている。

 エキゾチックレザープリントもチェーンも、時計にとっては、とても馴染みのあるバンドだ。ただし、単なるクラシックなデザインで済ませてはいない。

 レザーには、本体カラーに合わせたゴールドやシルバーの定革が2つ取り付けられており、レザー部分の長さを調節する機構を備えている。またチェーンは、ブラックとゴールドに塗り分けられた大きなリングで、2つ連なるだけで十分な長さになる。

 腕に装着すると、自分から見たらレトロなレザーバンドの腕時計に見えるが、相手からはチェーンのブレスレットにも見えてくる。あるいは、自分にとってブレスレットのような感覚で使いたければ、レザーとチェーンの取り付け位置を逆にすれば良い。

 2つの素材を楽しむ事ができるsacaiのApple Watchバンドは、時計とブレスレットのいいとこ取りをしているようだ。

 Apple Watchを時計以外の見え方に昇華させるバンドは、これまで見たことがなかった。その点で、sacaiのApple Watchバンドは、スマートウォッチの楽しみ方に、新たな1ページを刻んだと評価すべきだ。

●プラットフォームになるApple Watch

 Apple製品は、その製品自体がしばしばプラットフォームとなり、アクセサリー市場を潤す。きっかけはiPodで、今はなき30ピンDockコネクターを介した電子的なアクセサリーから、ヘッドフォン、ケース、専用ポケットのついたバッグに至るまで、さまざまなラインアップが広がった。

 iPhoneは、そのカルチャーを受け継ぎ、ケースの他に、iPhoneを置いて利用するランプやスキャナといった製品に至るまで、ライフスタイルを構成する多岐に渡る選択肢を提供してくれている。iPhone発売と同時にケースがリリースされるほど、各メーカーはiPhoneのデザインそのものを、プラットフォームとしてビジネス展開しているのだ。

 Apple Watchは、ものの小ささと、身に着けるという特性、そしてていねいに作られた製品デザインから、iPhoneほどの物理的なプラットフォーム化は見られない。それでも、本連載で紹介したようなSQUAIR製のケースのようなアイデアが試されている。

 Apple Watchとその他のApple製品で決定的に違うのは、物理的なプラットフォーム性をあらかじめ備えている点だ。それは、バンドのアタッチメント部分である。

 SQUAIRのインタビューの際、デザインを行っていたDAQの後藤鉄兵氏は、Apple Watchの最大の特徴として、時計の象徴であるラグ(バンドを止める部分)がないことだと指摘していた。そのかわり、ボディにスライドさせる形でバンドを固定する機構を備え、気軽なバンド交換を実現している。

 sacaiのApple Watchバンドは、前述の通り、自分にとって、あるいは相手にとって、時計らしい側面とブレスレットらしい側面を使い分けることができ、Apple Watchをより日常のアイテムとしてぐっと身近にしてくれている。

 こうしたアイデアは、ファッションブランドがApple Watchに興味を持つこと、そしてコラボレーションを行うことによる成果と言えるのではないだろうか。

●真鍮、という素材とのつきあい方

 sacai for Apple Watchは、sacaiらしいミックススタイルと、より実用品という印象があるApple Watchに、アクセサリーとしての側面を与えてくれるアイテムだ。

 Apple Watchを毎日装着する楽しみを、ファッションとして、あるいはsacaiとして考え抜いた結果を、楽しむ事ができるのだ。

 ただ、sacaiのApple Watchバンドの金属部分は、真鍮でできているため、購入時に簡単な手入れと、表面のコーティングの劣化に関する説明があった。

 特に夏場、汗をかきやすい季節は、使用後に手入れをしないと黒ずんでしまう。手入れをしても、だんだんとコーティングの劣化が進んでしまうそうだ。

 もっと価格が高くなってしまうだろうが、ステンレススチールなどの素材を用いても良かったのかもしれない。ただ、気軽に楽しみ、慎重に手入れをするsacaiのバンドは、日々の暮らしの良い相棒として、生活を彩ってくれることになるだろう。

最終更新:7月31日(日)7時8分

ITmedia ヘルスケア