ここから本文です

【鈴鹿8耐】スタート2時間経過:ヤマハファクトリーが驚異のスピード、早くも6位以下をラップダウン

レスポンス 7月31日(日)13時45分配信

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝スタートから2時間が経過。No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップを維持している。

[関連写真]

1時間を経過する間近で、中須賀克行からアレックス・ローズに交替。いきなり果敢に周回遅れのマシンを抜くなどアグレッシブなライディングをみせるが、徐々にペースを掴み安定した走りを披露。2分09秒台のペースで2位のNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO.(マイケル・ファン・デル・マーク)に対して17秒のリードを築いた。さらに路面温度60度に迫る中で、ヤマハファクトリーのペースは本当に早く、スタートから1時間30分を経過した時点で6位以下を周回遅れにしてしまった。

一方、後方で追い上げをみせていたNo.104 TOHO Racingが転倒。ピットでマシン修復作業を行ったため、大きく後退してしまった。さらにNo.17 Team KAGAYAMAもフロントタイヤにトラブルが発生。なんとかピットに戻って修復したが、総合28位まで順位を落としてしまった。

トップのヤマハファクトリーは2時間を経過した55周終わりで2回目のピットインを行い、ポル・エスパルガロが走行を担当している。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月31日(日)13時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]