ここから本文です

オリジナルキャストに出てほしい!「冒険野郎マクガイバー」リブート、キャラ多数登場!

シネマトゥデイ 7月31日(日)22時34分配信

 米テレビドラマ「冒険野郎マクガイバー」のリブート版「マクガイバー(原題) / MacGyver」の製作陣が、オリジナル版でマクガイバーを演じたリチャード・ディーン・アンダーソンを含めたオリジナルキャストたちの出演を希望していることを、米サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルで明かした。ただ、今のところ誰も獲得できていないようだ。

 新作については「オリジナル版をたたえるようなドラマにしたかったけど、リブート版は家族や仲間に焦点を当てたものになるよ。オリジナル版のマクガイバーは一匹狼だったけど、僕らの作品はほかのキャラクターも多く登場するんだ」とショーランナーのピーター・M・レンコフはコメント。それでも、ユーモアとアクション、マクガイバーイズムに変わりはないと言っている。

 また、同ドラマに「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のトリスティン・メイズがレギュラー入りしたと The Wrap などが報じた。トリスティンが演じるのは予想不可能な行動に出るハッカー、ライリー・デイヴィス。けんか腰ではあるものの、刑務所行きの代わりにマクガイバーのチームで働くことをうれしく思っているそうだ。

 イースターエッグ(隠しメッセージ)が至るところにちりばめられた「マクガイバー(原題)」のパイロット版は、9月23日(現地時間)からアメリカで放送がスタートする。(澤田理沙)

最終更新:7月31日(日)22時34分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。