ここから本文です

岡崎先発レスター、CL常連パリSGに歯が立たず 4失点黒星/ICC

ISM 7月31日(日)17時53分配信

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(以下ICC)は現地時間30日(以下現地時間)、北米ラウンドの試合が行なわれ、レスター(イングランド)はパリSG(フランス)に0対4で敗れた。岡崎慎司は先発し、前半のみプレーした。

 休暇を終えてチームに合流したばかりのヴァーディがベンチ外となったこの一戦、レスターは岡崎とウジョアを前線に据えてスタート。しかし26分にPKを献上すると、これをカバーニに決められ1点を失う。レスターは33分にFKを獲得するもマレズのシュートはGKアレオラに弾かれ、前半終了間際にさらに1点を奪われる。

 追い付きたいレスターだが、その後も一向にネットを揺らせず。ルーカス・モウラとエドゥアルドにそれぞれゴールを割られ、4失点黒星となった。

 昨季悲願のプレミア制覇を実現し、今季はチャンピオンズリーグ(以下CL)に臨むレスター。試合前日、ラニエリ監督はクラブ公式HP上でICCについて「親善試合のくくりだが、実際はそうではない。CLではないが、経験を積むためにも非常に重要な試合だ」と語っていた。CL常連のパリSGと対戦し、いい経験を積めただろうか。

 レスターはこのあとスウェーデンに移動し、8月3日にバルセロナ(スペイン)とのICC第3戦に臨む。パリSGはこれでICC3試合を終了。第1戦のインテル(イタリア)戦、第2戦のレアル・マドリー(スペイン)戦をいずれも3対1で終え、3連勝を飾っている。

最終更新:7月31日(日)19時43分

ISM