ここから本文です

【鈴鹿8耐】スタート3時間経過:ヘイデンが乗っていたハルク・プロにトラブル発生

レスポンス 7月31日(日)14時53分配信

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースはスタートから3時間経過。2番手を走行していたNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO.がトラブルでストップしてしまった。

[関連写真]

第3スティントに突入している上位陣。その中でもNo.21 ヤマハファクトリーはポル・エスパルガロが担当し、直前までのアレックス・ローズを上回る速さをみせ、あっという間に後続に対して50秒の差をつけた。

対する2番手のNo.634はニッキー・ヘイデンがライディングしていたが、75周目のヘアピン立ち上がりで白煙を上げてストップ。何とか再スタートを試みたが、それは叶わず一度コース外へ運んでトラックでマシンをピットへ戻すことが決定。これでレースに復帰できるチャンスを得られるが、その後に周回数減算のペナルティを受けることになる。

これで2番手に上がったのがNo.87 Team GREEN。レオン・ハスラムが積極的に攻めていき75周目のデグナーでNo.12 ヨシムラ スズキ Shell ADVANCEをパス。No.634 ハルク・プロが止まったこともあり、2番手に浮上した。しかしトップとの差は1分以上。自力でのトップ逆転が難しい差になり始めている。

コース上では転倒などアクシデントが相次いでいるが、スタートから3時間を経過して、1度もセーフティカーが入らずスムーズにレースが進んでいる。このままで行けば、歴代最多周回数である219周を上回ってゴールする可能性も出てきている。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月31日(日)14時53分

レスポンス