ここから本文です

「ポケモンGO」アップデートでバージョン0.31.0に マップのバグなど修正 iOS版は「バッテリーセーバー」が消滅

ねとらぼ 7月31日(日)12時8分配信

 7月31日、Nianticは人気アプリ「ポケモンGO」のバージョンを0.31.0へアップデートし、マップの不具合などを修正しました。

【マップに道路が表示されないバグは復旧】

 iPhone版、Android版ともにソフトウェアのアップデートが可能で、アップデートされた更新内容は以下の通りです。

0.31.0アップデート更新内容

・トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能に
・一部の技のダメージを調整
・ジムのアニメーションを一部調整
・メモリー問題を改善
・近くのポケモンから足あとを削除
・エンカウント中のバグを修正
・ポケモンの詳細画面を更新
・メダルの画像を更新
・マップの表示の不具合を修正
・一部テキストの修正

 社会現象となっている「ポケモンGO」ですが、ポケモン探しに熱中するあまりトラブルに発展するケースが続出。今回のアップデートではアプリ起動時に「許可無く立ち入ってはいけない場所や建物には、決して入らないでください」と注意喚起を促すメッセージが表示される仕様となりました。

 また問題となっていたマップの道路が表示されないバグに関しては無事に復旧したものの、一部のユーザーからは道路幅などは改善されていないという声もあがっています。さらにバッテリーセーバーを使用すると画面がフリーズするというバグについては、バッテリーセーバー自体が削除されるという事態に。ユーザーからは「バッテリー消費がヤバくなる」と悲鳴が上がっています。

 また仕様変更されたポケモンの詳細画面からはポケモンを「博士に送る」のボタンが無くなったとの声も。実はポケモンの詳細画面右下の3本線マークをタッチすることで以前のように画面スクロールしなくても楽に「博士に送る」ことができるようになりました。

 そんななかレベルの高いトレーナー達を困らせているのが「一部の技のダメージを調整」について。これまでジムを占拠していた「シャワーズ」や「カビゴン」などの技の効果が一部下方修正されてしまいました。

 また一部のユーザーからは「アップデート後に初期化された」との声もあがっていますが、これはGoogleアカウントを複数保有している場合に発生すると考えられており、設定から一時サインアウトし、再度サインインすると改善します。

 これからも継続したアップデートや修正が見込まれる「ポケモンGO」、バッテリーセーバーなんとか復活させてほしいですね。

※当初、バッテリーセーバーの不具合について、「バッテリーセーバー自体が削除されるという事態に」と記述していましたが、削除されたのはiOS版のみであったことが分かりました。お詫びして訂正いたします。

※当初バージョンについて、タイトルではAppStore表記にもとづき「1.1.0」と表記していましたが、Nianticの説明文に合わせて「0.31.0」に統一いたしました。

(Kikka)

最終更新:7月31日(日)13時33分

ねとらぼ