ここから本文です

ランボルギーニ、トレーラーを牽引…荷台にヤギ

レスポンス 7月31日(日)15時30分配信

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニがかつて生産していた『ムルシエラゴ』。同車の万能ぶりを示す映像が、ネット上で話題になっている。

[写真:ランボルギーニ・ムルシエラゴ]

ムルシエラゴは2001年、『ディアブロ』の後継車としてデビュー。V型12気筒エンジンをミッドシップに搭載するランボルギーニのフラッグシップ車。ディアブロの前には、『カウンタック』、『ミウラ』をルーツに持つという、まさに血統書付きのスーパーカーがムルシエラゴ。

ムルシエラゴは2010年11月、生産を終了。10年間の累計生産台数は、4099台だった。

そのうちの1台が今回、海外のある場所でカメラに収められた。車両の後部にはトレーラーがつながれ、そして荷台にはヤギと干し草。

スーパーカー、ランボルギーニの万能ぶりを示すこの映像、7月22日の公開以来、再生回数が50万回を超えている。


《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月31日(日)15時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。