ここから本文です

時松の快進撃が止まらない! 藤田、谷口連破でV賞金1億円ロックオン

デイリースポーツ 7月31日(日)6時59分配信

 「男子マッチゴルフ・ネスレ招待日本マッチプレー選手権レクサス杯・第2日」(30日、恵庭CC=パー72)

 プロ5年目の時松隆光(22、りゅうこう)が歴代賞金王2人を連破し、ベスト4へ進んだ。2回戦で藤田寛之(47)に競り勝ち、3回戦では谷口徹(48)に勝利した。前週のダンロップ・スリクソン福島オープンでツアー初優勝を挙げたばかりの新鋭が2週連続優勝、国内最高額の優勝賞金1億円を一気に奪いにいく。

 時松が胸のすくような快進撃を見せた。2回戦で藤田に逆転勝ちし、3回戦では谷口を内容でも圧倒した。「非常に安定していて隙がない」と負けた藤田も思わず脱帽した。準決勝の相手は14年賞金王の小田孔明。時松は「なんとか張り合えれば…」と控えめな言葉を口にしながらも、進撃を止めるつもりはない。優勝賞金1億円がはっきりと見えてきた。

最終更新:7月31日(日)7時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]