ここから本文です

ズキズキミヅキ! 山本美月が演じる頭痛の妖精、それって天使の間違いなのではと話題に

ねとらぼ 7月31日(日)15時16分配信

 7月31日、モデルで女優の山本美月さんがInstagramに写真を投稿しました。シオノギ製薬「新セデス錠」の「ズキズキミヅキ」キャンペーン撮影で、悪魔風の衣装をまとった山本さん。頭痛をもたらす“頭痛の妖精”という設定のようですが、白い衣装であることも相まってか、むしろ頭痛を治してくれる天使の間違いなのではと話題になっています。

山本さんが登場するTVCMはYouTubeで公開中。

 投稿には「みんなおはよーう! ズキズキミヅキよ! 頭痛をもたらすよ!」と悪者風のコメントが添えられています。しかしファンからは「かわいすぎる!」「天使すぎます」「痛くてもいいって思える可愛さ卑怯!」といった反応が殺到し、中には「美月ちゃんが来てくれるなら一生頭痛でいます!」と宣言する猛者まで。

最終更新:8月1日(月)12時4分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。