ここから本文です

【巌流島】次回大会は10月末、大みそか開催の案も

イーファイト 8月1日(月)7時10分配信

 7月31日(日)東京・有明コロシアムで開催された『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 公開検証Final』の大会後、谷川貞治広報部長は次回大会を10月末に首都圏で開催することを発表した。

【フォト】今大会にも世界各国から様々な格闘家が集結した

 今大会の名称に「公開検証Final」と付いている通り、「公開検証はこれで終わりです。次回からは新シリーズがスタートします。大きなトーナメントを本格的にやりたい。面白いトーナメントになると思います」と、トーナメント戦を軸としたシリーズを次回大会から行っていくという。トーナメントは無差別級ではなく階級別にする。

 ルールに関しては「現在の巌流島ルールで問題ない」と、現行ルールを採用する予定。しかし、「場外転落に関しては同体で落ちた場合の判定をどうするか考えたい」と、巌流島ルールの大きな特徴である場外への押し出しや投げによる転落については一考の余地があるとした。

「今後もどんどん新しい格闘技・選手を使いたい」とやる気を見せる谷川広報は、「10月の次は大みそかにやるか新年にやるか」と、大みそか開催の案もあることを明かした。

「大みそかにやってみてはどうか、という話はあります。でも僕としては大みそかはなるべく避けて新年早々にやった方がいいと思います」と、他イベントとの兼ね合いを考えたいとした。

最終更新:8月1日(月)7時10分

イーファイト