ここから本文です

【鈴鹿8耐】ブース盛況で豊橋市も応援!しかしMuSASHi RT HARC-PRO.は…

レスポンス 7月31日(日)18時7分配信

熱戦繰り広げられる鈴鹿サーキットだが、『BASE 8TAI』と名づけられたエリアに出展するブースを見て歩くのもまた面白い。

[関連写真]

なかでも長蛇の列をつくっているところが、愛知県豊橋市のブース。先頭をのぞいてみると、大きなガラポンを回すことができ、『豊橋カレーうどん風せんべい』であったり、豊橋グッズであるなど無料で豊橋に因んだモノを手にして持ち帰れるのだ。

横断幕には「豊橋市はMuSASHi RT HARC-PRO.を応援しています」とあり、これはホンダのマシンにパーツが使用され、チームスポンサーでもある武蔵精密工業が同市にあることに因んでのこと。

炎天下のなか、ブースで列の最後尾を案内する市の担当者は「観光課と協力し、予算を組んで出展した甲斐がありました。大成功です」とニンマリ。「レースも勝って、王座奪還してほしいです」と願った。

MuSASHi RT HARC-PRO.は3時間を経過したところで、ニッキー・ヘイデン選手がマシントラブルに伴って痛恨のコースオフ。その後、車両はピットに戻るが、リタイヤ届けが出されている。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:7月31日(日)18時7分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。