ここから本文です

<ポッピンQ>瀬戸麻沙美の土佐弁が萌える! ヒロイン声優陣がキャラへの思い語る

まんたんウェブ 8月1日(月)8時0分配信

 東映アニメーションが製作する劇場版アニメ「ポッピンQ」(宮原直樹監督、2017年1月公開)のアフレコがこのほど、東京都内で行われ、小湊伊純役の瀬戸麻沙美さんや日岡蒼役の井澤詩織さんら5人のヒロインの声優陣が取材に応じた。陸上部の中学3年生・小湊伊純を演じる瀬戸さんは土佐弁に挑戦しており「そういう役なので苦労とは感じませんでした。収録では方言指導の方も付いて、確認していただきながら、丁寧にできたので、今はホッとしています」とコメント。瀬戸さんは印象的だった土佐弁のせりふについて「名ぜりふみたいなものではなくて、申し訳ないのですが、『使えゆう』というせりふが、まわりから『可愛い!』と言われて、うれしかったですね」と話すと、井澤さんは「方言女子、萌(も)えます!」と目を輝かせた。

【写真特集】可愛い声優陣がずらり キャラのイラストも

 「ポッピンQ」は、東映アニメーションの創立60周年を記念して製作されたオリジナルアニメで、不思議な絆で結びついた少女たちが、“時の谷”に住むダンスが生業(なりわい)の生命体・ポッピン族と出会い、世界の危機を救うという使命を突如帯びることになる……というストーリー。「プリキュア」シリーズのダンス映像などを手がけてきた宮原直樹さんが監督を務め、人気ライトノベル「キノの旅」シリーズ(KADOKAWA)などで知られるイラストレーターの黒星紅白(くろぼし・こうはく)さんがキャラクター原案を手がけている。

 ヒロインの少女たちはそれぞれ悩みを抱えている。周囲に同調することを嫌い、孤立気味な蒼を演じる井澤さんは「私と蒼は性格が似ている。学生時代にあんまりいたずらなどができなくて、そういうことをする人に嫉妬したり、憧れていた。気持ちが分かる」と共感している様子。女の子らしさに憧れる大道あさひを演じる小澤亜李さんは「私もあさひと共通点が多いですね。中学生の時に女の子らしさに憧れてスカートを買ってみた。私も自分の気持ちに正直になれなかったり自信がない。そういう意味であさひちゃんと一緒ですね。共感しています」と明かした。

1/2ページ

最終更新:8月1日(月)15時50分

まんたんウェブ