ここから本文です

【鈴鹿8耐】まさかのリタイア…ニッキー・ヘイデン、13年越しの夢破れる

レスポンス 7月31日(日)19時17分配信

2003年以来の“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8耐参戦となったニッキー・ヘイデン。「13年前、わずか1周で終わった鈴鹿8耐の続きを戦いに来たんだ。そしてこのレースのトロフィーを、僕のコレクションに加えたいんだ」と語っていたが、ヘイデンが走行中の午後2時15分頃にマシントラブルが発生。ヘアピンから惰性での走行となり、二輪シケインでマシンを止めた。

[関連写真]

その後、午後3時前にMuSASHi RT HARC-PRO.からリタイア届けが提出され、ヘイデンの13年越しの夢は叶わなかった。

MuSASHi RT HARC-PRO.本田重樹監督のコメント
とても残念な結果になってしまった。ただ、我々としても精一杯がんばった結果なので、これは甘んじて受け入れるしかない。しかし、鈴鹿8耐はこれで終わったわけでない。来年は体制を立て直して、新たにチャレンジしたい。

《レスポンス 佐久間光政》

最終更新:7月31日(日)19時17分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]