ここから本文です

【鈴鹿8耐】武田真治さん、初の鈴鹿8耐で熱狂ステージ

レスポンス 7月31日(日)20時19分配信

鈴鹿8耐決勝レースのチェッカーフラッグが振られる直前まで、サーキットの外では武田真治さんがサックスで大暴れした。

[関連写真]

トークショーでは自身初の鈴鹿8耐観戦を振り返り、「全開にしたままのエンジンが、8時間も耐えることにまず驚きます。そして、その音。迫力満点です。僕の動体視力では、走ってくるマシンを見ても、どれがどのマシンなのか判別することができませんでした」と、感想を述べた。

さらに、ライダーがストレートでピットからのサインボードを目視で確認していることを知ると「信じられませんね」と驚きを隠せない様子。「F1みたいに、無線で選手とピットがやりとりしているものだと思っていました」と、目を丸くした。

スタート前のサックスでの国歌独奏は、いつも以上に緊張したという。「アレンジしてはいけない曲ですからね。外さないように気をつけましたよ」と振り返った。

トークショーが終わると、サックスでの単独ライブへそのまま突入。心を揺さぶるサックスの音色がアップテンポで繰り広げられる、ステージはあっという間にヒートアップし、ゴール間近でレーストラックが気になるファンも、その盛り上がりから抜け出せず、手を叩き、ジャンプし、体をくねらせた。

感動のフィナーレを前に観客の心を鷲掴みにし、一気に熱した情熱的なステージは見事の一言に尽きる。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:7月31日(日)20時19分

レスポンス