ここから本文です

独立新創刊&隔月刊化のCheri+、「四代目・大和辰之」櫓木と三代目描く前日譚も

コミックナタリー 7月31日(日)21時10分配信

発売中のCheri+9月号(新書館)にて、スカーレット・ベリ子「ジェラシー」、橋本あおい「酔いどれ恋をせず」、氷室雫「ヴァンプ×プリースト」といった新連載が始動。なおこれまで季刊だったCheri+は、今月号より独立新創刊し隔月ペースで刊行されていく。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ジェラシー」は、ヤクザ組織・大和会の四代目である大和辰之を軸に描いたスカーレットの前作「四代目・大和辰之」の前日譚。前作で辰之を脅していた櫓木卯一と、大和組三代目の出会いが明かされていく。また「酔いどれ恋をせず」は蕎麦屋のマスター・楯野川と、利酒師の資格を持つ水澄によるBL。やむない事情から突然無職宿なしになった水澄は、ゲイバーでの出会いをきっかけに楯野川のもとで働くことになる。「ヴァンプ×プリースト」は、吸血鬼と神父によるショートストーリーだ。

巻頭には恋人に暴力を振るった過去を持つ林田とその後輩・秀那のカップルを描く、おげれつたなかの「はだける怪物」が登場。今号では林田へ下された転勤の辞令をきっかけに、2人の間に波乱が巻き起こる。

さらに綴じ込み付録として、「四代目・大和辰之」のミニドラマCDも。大和辰之役は佐藤拓也、小鹿望役は興津和幸が担当した。また今号と次号のCheri+11月号では独立新創刊と隔月刊化を記念し、掲載作品の番外編を収めた描き下ろし小冊子の全員応募者サービスを実施。なお次号にはキヅナツキ「ギヴン」をはじめとし、カシオ、佳門サエコ、日ノ原巡、林らいすによる新連載も続々と登場する。

※利酒師の利は、口へんに利が正式表記。

最終更新:7月31日(日)21時10分

コミックナタリー