ここから本文です

イチロー無安打で2試合連続足踏み 6打席連続無安打

デイリースポーツ 7月31日(日)11時20分配信

 「マーリンズ11-0カージナルス」(30日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)が、カージナルス戦に六回の守備から途中出場したが2打数無安打で、メジャー通算2998安打のまま。偉業までまであと2本に迫ってから、2試合連続で足踏みとなった。試合はマーリンズが大勝し、連敗を2で止めた。

 イチローはこの試合、ベンチスタート。8-0と大量リードした六回から右翼の守備に就いた。その裏の攻撃、1死二、三塁で迎えた第1打席は、カージナルス3番手、右腕のウィリアムスと対戦して二ゴロ。八回の第2打席は1死走者なしで同じくウィリアムスに左飛に打ち取られた。

 イチローは前日29日のカージナルス戦は「3番・左翼」でスタメン出場したが4打数無安打。これで2試合連続、6打席連続で無安打となった。

 スタンドでは多くのファンが「3000」のボードを掲げ、イチローが六回の守備に就いた時、そして2度の打席に入った時は大歓声で迎えた。しかし、歓声はため息に変わった。

最終更新:7月31日(日)11時36分

デイリースポーツ