ここから本文です

音楽鑑賞に利用したサービスは「YouTube・ニコニコ動画など」が最多

エコノミックニュース 7月31日(日)18時23分配信

 ドゥ・ハウスは、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、『モラタメ.net』会員のうち20歳以上69歳以下の男女を対象に「音楽鑑賞」に関するWEBアンケートを実施した。調査期間は2016年7月8日~7月11日。有効回答は1,085人から得た。

 まず、音楽を聴くためにこの一年間に利用したものを聞いたところ、1位「YouTube・ニコニコ動画などのサービスを利用した(51.9%)」が最多となり、続いて2位「CDを購入した(39.7%)」、3位「CDをレンタルした(29.6%)」という結果となった。

 また、音楽を聴くために利用している機器について聞いたところ、「パソコン・タブレットPC(48.7%)」、「カーオーディオ(44.6%)」、「スマートフォン(33.1%)」という順になった。年代別でみると、年齢が高くなるほど「コンポ」「ラジオ」「ラジカセ・CDラジカセ」の利用率が高く、携帯型の「スマートフォン」「デジタルーオーディオプレイヤー」の利用率は低くなる傾向が見られ、年代による差が出ているとしている。

 次に、楽曲をどのようにして購入しているか聞いたところ、「CD・レコード販売派(どちらかといえばを含む)(59.8%)」が、「ダウンロード販売派(どちらかといえばを含む)(16.8%)」を、43.0ポイントも上回る結果となった。年代別でみると、若い年代ほど「ダウンロード販売」の利用率は高いものの、依然として「CD・レコード販売派」が多く、アルバムの中の一曲のみダウンロードするなど、使い分けているのかもしれないという。

 高年齢層の人にとっては、「ダウンロードだとデータが消えてしまわないか不安になる」など、「CD・レコード販売」の方が、安心感があり根強く利用されているようだという。

 そして、高音質の音源を指す「ハイレゾ」の認知度について聞いたところ、「知っている(28.5%)」、「言葉を聞いたことはあるが、よくわからない(34.3%)」を合わせると62.8%だった。男女別で見てみると男性は「知っている」と答えた人が40.7%と最も多く、「言葉を聞いたことはあるが、よくわからない」の36.2%と合わせると、76.9%の人に認知されていた。

 一方で女性は、「知らなかった」と答えた人が53.5%と半数以上で最も多く、男女による認知率に大きな差があらわれた結果となった。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:7月31日(日)18時23分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]