ここから本文です

【レパードS展望】主役は武豊騎乗のケイティブレイブ!

デイリースポーツ 7月31日(日)19時4分配信

 「レパードS・G3」(7日、新潟)

 09年に新設された3歳のダート重賞。過去の連対馬からはのちのダート戦線で活躍する馬がズラリ。今後に向けて注目の一戦だ。

 ジャパンダートダービー2着のケイティブレイブを主役に推す。前走は逃げて3コーナー過ぎから後続につつかれる厳しい展開だったが、最後まで止まっておらず、負けて強し。2走前の兵庫CSでは7馬身差で圧勝しているように、ダートでは世代屈指の存在だ。引き続き、武豊騎手とのコンビで重賞2勝目を狙う。

 グレンツェントはユニコーンSで3着。先行有利の流れなか、4角11番手からメンバー最速の上がりで追い込んだ。ただ、マイル戦はやや忙しく、現状では未勝利、500万下を楽勝したダート1800メートルがベスト。重賞初Vのチャンス到来。

 ネクストムーブは500万下を3馬身半差で完勝。逃げて最速上がりで突き放す圧巻の走り。新馬戦も4角先頭でそのまま押し切ってV。はまった際の強さには特筆すべきものがある。重賞初挑戦でも軽視は禁物だ。

 他にも、ユニコーンS4着のピットボスは距離延長で前進必至。近2走1番人気で5着のマインシャッツも本調子に戻れば侮れない。全日本2歳優駿2着の実績を持つレガーロも押さえておきたい。

最終更新:7月31日(日)19時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。