ここから本文です

元千代の富士の九重親方死去 昨年11月には北の湖前理事長も62歳で…

デイリースポーツ 7月31日(日)19時58分配信

 「ウルフ」の愛称で圧倒的な人気を誇り、国民栄誉賞を受賞した元千代の富士の九重親方が亡くなったことが31日、分かった。61歳。昨年6月に膵臓(すいぞう)がんが見つかり、摘出手術を受けていた。

【写真】引退会見で…「体力の限界」

 最近は抗がん剤治療を行わず、放射線治療に取り組んでいると報じられたばかりだった。

 千代の富士時代の1981年初場所で横綱・北の湖を優勝決定戦で破り、初優勝を果たした。89年には国民栄誉賞に輝いた。「ウルフフィーバー」を巻き起こし、91年に引退するまでに31回の優勝を誇った。

 昨年11月には日本相撲協会の北の湖前理事長が直腸がんによる多臓器不全で62歳で亡くなったばかり。「昭和の大横綱」がまた、旅立った。

最終更新:8月1日(月)1時14分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]