ここから本文です

広島・緒方監督、31度目の逆転星に「成長感じる」 初の3連敗を阻止

デイリースポーツ 7月31日(日)23時24分配信

 「広島6-4DeNA」(31日、マツダスタジアム)

 広島が31度目の逆転勝利で、今季初の3連敗を阻止した。

 2点差の七回、菊池、丸が連打で出塁。1死一、三塁とすると、新井が三上に対して1ストライクから2球目、真ん中低めの141キロ直球を狙った。打球が深々と左中間を破ると、一走の丸が激走で同点のホームに生還。続く会沢の三ゴロを白崎がファンブルする間に、一気に本塁を狙って逆転のホームを踏んだ。

 六回の守備で、田中の一塁送球をファンブル。失策で後逸する間にで4点目を失った。「自分のつまらないミスで追加点を与えてしまった。腹わたが煮えくり返っていた」。打席に立つ直前には、緒方監督から「リラックスしていけよ」-と、助言もあった。怒りの中に冷静さが生まれ起死回生、汚名返上の2点打となった。

 今季両リーグトップ、31度目の逆転勝利。終盤の強さは健在だ。さらに今季10度の連敗後はいずれも阻止。98試合目でまだ3連敗がなく、2003年のリーグ王者・阪神の記録を抜いた。貯金を再び20に戻し、2位巨人とは8ゲーム差。最短で5日にマジックナンバー32が点灯する。

 緒方監督は劇的勝利に、チームの成長を実感。「しびれる試合を勝っていけば、チームはどんどん伸びていく。一丸で勝ち取った勝利。成長を感じるものがあった。こういう試合をこれから多くやっていきたい」と手応えを口にした。

 2日からは東京に場所を移して、ヤクルトとの3連戦(神宮)。残り45試合。25年ぶりの優勝へ一戦必勝で戦っていく。

最終更新:8月1日(月)0時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。