ここから本文です

広島・岡田、6回4失点も手応え「強気の投球できた」

デイリースポーツ 7月31日(日)23時37分配信

 「広島-DeNA」(31日、マツダスタジアム)

 広島の岡田明丈投手が6回7安打4失点(自責3)でマウンドを降りた。

 2-1で迎えた六回。2死三塁のピンチで、絶好調の筒香を打席に迎えた。1ボール2ストライクからの4球目。この日、最速となる150キロの直球をはじき返された。左中間を破る適時二塁打で同点。さらに、安打と失策が絡み3点を奪われ、試合を一気にひっくり返された。

 試合後の緒方監督は、六回の筒香の打席に対して「勝負しろといった。勝負して負けたらこっちの責任。これから全部逃げるのか。まだそんな時期ではない」と勝ち越しを許した場面を説明。ルーキーの投球に関しては「当たっているベイスターズ打線に対して、弱気にならずに投げてくれた」と評価した。

 4勝目を挙げることはできなかったが、粘り強い投球でチームの連敗はストップ。「強気の投球ができたと思います。際どいところにも投げることができて、自信になりました」と手応えをつかんだ岡田。次こそ、勝利をつかみ取る。

最終更新:7月31日(日)23時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報