ここから本文です

【MLB】マーリンズ移籍のA.キャッシュナー、トレードマークのヒゲをそり落とす

ISM 7月31日(日)17時13分配信

 マイアミ・マーリンズの先発右腕アンドルー・キャッシュナー投手が、立派に蓄えていたヒゲをそり落としたことが分かった。米国の大手ポータルサイトが運営する『Yahoo! Sports』の『Big League Stew』が現地30日に伝えている。

 29日に行われたトレードでサンディエゴ・パドレスからマーリンズに移籍したキャッシュナー。パドレス時代はトレードマークとなっていたヒゲだが、マーリンズではドン・マッティングリー監督の下、ヒゲに関する厳しい規則が設けられており、キャッシュナーもそれに従わざるを得なかったようだ。

 マッティングリー監督は、ロサンゼルス・ドジャースで監督を務めていた昨季まではそのような規則を設けていなかったが、マーリンズの指揮官に就任してから新たに定めたとのこと。また、皮肉なことにマッティングリー監督自身も選手時代にはヒゲを生やしていたという。

 なお、『Big League Stew』はヒゲの無くなったキャッシュナーの外見について、実年齢の29歳には見えず、どちらかというと24歳に近いと表現しており、次の契約交渉の場では有利に働くかもしれないと伝えている。

最終更新:7月31日(日)17時13分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。