ここから本文です

『イッテQ』“オーシャンズ金子”、世界初!?奇跡の光景をとらえた

オリコン 7月31日(日)10時3分配信

 俳優の金子貴俊が31日放送の日本テレビ系人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)で“オーシャンズ金子”として世界的にも珍しい“奇跡の光景”をとらえたことが明らかになった。舞台はメキシコのコルテス海。普段単独行動をするムンクイトマキエイ通称ミニマンタの大群の撮影に成功した。

【番組カット】メキシコ・コルテス海を舞台に奮闘

 この体長約1メートルの「ミニマンタ」の何百匹からなる大集結は4年前に番組が敬意を払いながらもライバル視するナショナルジオグラフィックが4年前に撮影したきり。現存する中でも、もっとも巨大な群れを捉えたその映像に肉薄したものを撮影するため、「群れを成す可能性がある」という情報のもと、現地へ向かった金子率いる『イッテQ』チームは、予想をはるかに上回る光景を目撃する。

 これまで世界の海を戦場に、ホホジロザメの大ジャンプや、ザトウクジラが群れで行う捕食行動『バブルネットフィーディング』の撮影などに成功したことからネット上では“最強運”と謳われてきた金子。

 「この9年間、オーシャンズ金子は世界の大きなテレビ局の素晴らしい映像に負けじと、『イッテQ』チームの仲間とともに、それを超える映像の撮影に臨み続けてきましたが、なんと今回はオーシャンズ金子にしか見れない『本当の意味の意味での世界的な映像撮影』に成功しました!!!」と達成感をにじませ「チームワークと粘り強さと全員が奇跡を信じて追い求めたオーシャンズ史上最高の映像を是非とも多くの方に見みていただきたいです」とアピールしている。

最終更新:8月2日(火)15時17分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。