ここから本文です

【GOLF】3日目は荒天サスペンデッドに 松山英樹はティーオフ出来ず

ISM 7月31日(日)7時42分配信

 今季メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権が現地時間30日、ニュージャージー州のバルタスロールGCで第3ラウンドの競技を行ったものの、荒天によりサスペンデッドが決定。翌午前7時より再開されることとなった。

 日本勢では、9位タイで決勝ラウンドに進出した松山英樹がスタートすることが出来ず。通算4アンダー暫定10位タイとなっている。13位タイから出た谷原秀人は6ホールを終了。出だしの1番でダブルボギーを喫したが、5番パー4でバーディを取り返し、通算2アンダー暫定28位タイに順位を落とした。また、同じく13位タイから出た池田勇太はスタートの1番をボギー、続く2番をプレー中に中断となり、通算2アンダー暫定28位タイとなっている。

 通算9アンダーの暫定トップタイは、ともにこの日プレーしなかったジミー・ウォーカー(米)とロバート・ストレブ(米)。2打差の暫定3位タイに、世界王者のジェイソン・デイ(豪)とエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)がつけている。午前中にプレーし、5アンダー「65」をマークしたケビン・キスナー(米)が通算5アンダー暫定6位タイに浮上。メジャー3勝を誇るパドレイ・ハリントン(アイルランド)も「65」で回り、通算4アンダー暫定10位タイにジャンプアップしている。

 世界ランキングNo.3のジョーダン・スピース(米)は1番のみをプレーし、通算3アンダー暫定18位タイ。全英オープン単独2位のフィル・ミケルソン(米)は4バーディ、2ボギーの2アンダー68でホールアウトし、通算1アンダー暫定42位タイに浮上。バッバ・ワトソン(米)は、前半で3バーディを奪いながら、後半は3オーバーと失速し、イーブンパー70でラウンド。通算イーブンパー暫定47位タイとなっている。

 なお、最終ラウンドは翌午前8時40分から開始され、ペアリングの組み替えは行われないことも発表されている。

最終更新:7月31日(日)8時39分

ISM