ここから本文です

【GOLF】時松が小田龍下して1億円獲得! ツアー初Vに続きマッチプレー制覇

ISM 7月31日(日)16時30分配信

 片山晋呉が大会ホストを務める「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」が31日、北海道の恵庭カントリー倶楽部で準決勝および決勝戦の競技を行い、時松隆光が決勝で小田龍一を1アップで下し優勝。前週のツアー初勝利で大会初出場を決めた22歳が、2週連続Vで賞金1億円を勝ち取った。

 1回戦で武藤俊憲、2回戦、3回戦で藤田寛之、谷口徹を退けた時松は、準決勝で小田孔明に辛勝。前半を終えて2ダウンの劣勢も、ピンそばにつけた10番バーディが流れを引き寄せたか、11番でロングパットを沈めてタイとすると、イーグルチャンスにつけた15番パー4(265ヤード)で小田が2オンからバーディパットを外し逆転。初めて奪ったリードを手に1アップで逃げ切り、初日から前回王者、元賞金王3人を退ける快進撃で決勝へ進む。

 もう一つの準決勝では小田龍が小平智に3&2で勝利。初戦で宮本勝昌を6&4と一蹴し、続く2回戦は永野竜太郎に6&5、3回戦では深堀圭一郎に8&7と大勝続きで小平戦に臨んだ小田は、1アップで迎えた9番を獲られて追い付かれるも流れは譲らず。バックナインで1ホールも落とすことなく10番、12番、13番と3ホールを制して押し切った。

 迎えた決勝戦は、時松が前半で大量リードを築きながらも、意地の巻き返しを見せた小田龍が終盤追い付く白熱の展開。2番バーディで先手を取った時松は、前半ボギーがかさんだ小田から9番を終えて5アップの大差をつける。しかし10番で1つ返された後半は、12番から3ホール続けて落とし、16番でついに並ばれる苦しい展開に。それでも17番、小田が林に入れて苦しむ一方、時松は右ラフからの3打目でカップをなめるスーパーショットを披露。ここで再びリードを手にし、重圧のかかる18番もパーで分けて下剋上を完遂させた。

最終更新:7月31日(日)16時42分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]