ここから本文です

JR東日本の4-6月期の営業収益は過去最高だが営業利益は微減益

投信1 7/31(日) 23:40配信

東日本旅客鉄道 <9020> の2017年3月期第1四半期の決算は微増収、営業利益で微減益の着地に。決算内容をハイライトします。

2017年3月期第1四半期決算ハイライト

連結の営業収益は対前年同期比+1.5%増、営業利益は同▲3%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は同+0.9%という着地に。営業収益は5期連続の増収となり、第1四半期の水準としては過去最高となりました。また、親会社株主に帰属する四半期純利益も過去最高。会社の業績予想に変更はありません。

連結の営業収益のうち約69%を占める運輸業の収益は同+1.0%増と伸びたもの、新幹線鉄道大規模改修引当金繰入などの営業費用が増加したことにより営業利益は同▲4.8%減となりました。

また、営業利益の約15%を占めるショッピング・オフィス事業の営業収益は同+3.6%増、営業利益は同+1.4%増となりました。

今後の注目点

今回の決算で一点気になるとすれば、単体の鉄道輸送量(百万人キロ)における新幹線(定期外)の減少です。対前年同期比で▲0.3%減と、北陸新幹線開業1周年を迎えたことや北海道新幹線の開業などを踏まえるとやや寂しい実績値にも見えます。今後はインバウンドでの需要をどのように結びつけるのかにも注目です。

投信1編集部

最終更新:7/31(日) 23:40

投信1

チャート

東日本旅客鉄道9020
9675円、前日比+72円 - 12/8(木) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。