ここから本文です

市場のすべては「エンジニア」にかかっている - 2020年までにIoTエンジニアは450万人へ

ReadWrite Japan 7月31日(日)22時30分配信

販売された部品やコンポーネントの数によって市場規模を計るのが普通だが、何十億というセンサーやデバイスによって構成される「モノのインターネット(Internet of Things, IoT)」の世界では、デバイスの数自体はそれほど重要ではない。その理由の一部に、IoTでの実際の価値は「モノ」にあるのではなく、むしろそれらを繋いでいるインターネット接続によるサービス側にあるからだ。

これはつまり、IoT市場の規模は、それに価値を与える開発者の数に基本的に依存するということだ。今日現在では、IOT市場には30万人の開発者が携わっているといわれているが、VisionMobileによるとその数は2020年までに450万人にまで増えるという。この場合、毎年開発者人口が実に57%も増える計算となり、いかにIoT市場に需要があるか(そしてチャンスがあるか)を表しているといえるだろう。


■データから価値を見出す

過去30年で我々は相当な量のデータを作り出したが、それもここ2年で生み出されたデータ量と比べたら霞んでしまう。世界のデータ全体量の90%が、この2年だけで生み出されているのだ。そのほとんどは機械によるもので、人が生み出したデータなどはちっぽけなものである。

このようなIoTの世界では、デバイスは問題ではない。Gartnerによると、2020年までにIoTデバイスの数は260億にも上り、各々がネットワークに接続されるという。しかし、VisionMobileのレポートによって浮き彫りとなるのは、その大量に生成されるデータを「いかに分析し活用するか」が問題だということだ。

同時にこれは大きなチャンスも生むことになる:

◇グラフ図1
http://readwrite-images.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-content/uploads/2016/07/22092408/160721-Millions-of-developers-by-2020_1.jpg

「価値はデータの分析から生まれる」
スマートシティ:センサーが路面に埋め込まれる→駐車場の空きスペースを発見→簡単に駐車場が見つかる
スマートホーム:鍵がネットワークに接続→帰宅を感知→開錠時に警報装置を解除
スマートカー:Bluetoothドングルが車両情報を受信→衝突の判別→緊急時には自動で通報

上記表の中段を見てほしい。GoogleはNestを32億ドルで買収したが、そのNestはつい数日前Dropcamを5億5500万ドルで取得している。Dropcamのカメラは毎日、YouTubeのユーザよりも多くのデータをアップロードしている。これは莫大なデータでその価値も巨額だ。

すべては開発者次第だ。なぜなら開発者と彼らの働く企業こそが、膨大に流れ込むデータを分析し価値あるものに変えているからだ。


■増え続けるデータと開発者の需要の関係

幸運にも、VisionMobileによると、2020年までにはIoT関連の開発者は450万人にも及ぶだろうという。

◇グラフ図2
http://readwrite-images.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp-content/uploads/2016/07/22092433/160721-Millions-of-developers-by-2020_2.jpg

「モノのインターネットで利益を得る唯一の方法は、コモディティ化したハードウェアや接続性、クラウドサービスなどの基盤の上にユニークな価値を作り出すことのできる起業家のネットワークを構築することだ」とVisionMobileは提言している。その詳細は次のとおりだ:

「開発者が中心となるビジネスモデルで成功するために重要なことは、自身の中核となるプロダクトを開発者たちによって生み出される新たな需要に結びつける方法を見つけることだ。Appleが自社のデバイスをApp Storeの多くのアプリと結びつけ、Googleが自社のオンラインサービスをAndroidデバイスと結びつけたのはその例だ。これらのデバイスを通じてGoogleはユーザの情報を集め、自社の広告戦略を拡大する機会を手にした。Amazonも自社のeコマースをKindleに結びつけ、ネットショップへの顧客の流入を促進した。」

言い換えると、開発者は購入する側ではなく、購入者がハードやクラウドサービス、その他の価値の購入に興味を持つ最終顧客を呼び起こすエコシステムを作る側だということだ。

彼らがこれから作るものとは

冷蔵庫がコーヒーメーカーと「会話」するファンタジックな世の中を期待しているものの、実際のところIoTが何を生み出せるのか、その可能性については未だ不明瞭だ。レポートの著者は次のように書いている。「IoT技術の需要は特定のキラーアプリによって生まれるのではなく、数えきれないほどの新しいユースケースの中から生まれてくるのである。」

IoTで勝者となるのは特定の企業やアプリではない。このような開発者によって開拓されることになるデマンドは、IoT市場をこれまでの市場の例から推測されるものより、はるかに大きなものにする。唯一はっきり言えることは、たとえ彼ら自身がIoT製品に一銭も使わなかったとしても、開発者たちがIoT市場を大きく利益性が高いものにする地盤であるということだ。

トップ画像提供:Official GDC(Flickrより), CC 2.0

ReadWrite[日本版]編集部

最終更新:7月31日(日)22時30分

ReadWrite Japan