ここから本文です

甘酸っぱい記憶が蘇る!やさぐれた心を癒す新作青春映画5選

dmenu映画 7/31(日) 15:00配信

猛暑日続出で早くも夏バテ気味……。そんなあなたにおススメしたいのが、誰もが抱く甘酸っぱい記憶を呼び起こす青春映画! ここでは、5本の新作青春映画をご紹介。涼しい映画館で観れば、あっという間に青春時代へトリップ。体も心も爽快な気分になるはず!

実在の秘密クラブをモデルにした『ライオット・クラブ』

名門オックスフォード大学に実在し、英キャメロン前首相も所属していた悪名高き会員制秘密クラブThe Bullingdon Club(ブリンドン・クラブ)をモデルにした舞台「POSH」の映画化作品。見た目は美麗でも、性格は下劣な超エリート集団が狂気の暴走の果てに見たものは……そのラストに背筋が寒くなります。サム・クラフリン、マックス・アイアンズ、ダグラス・ブースなど、注目の英国若手俳優たちが豪華共演を果たしているのも見どころです。

7月23日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
配給/『ライオット・クラブ』上映委員会

異色のサクセス・ストーリー『DOPE/ドープ!!』

ファレル・ウィリアムズが製作総指揮と楽曲を提供し、アカデミー賞俳優フォレスト・ウィテカーがプロデューサーを担当。さらに、共同製作総指揮としてショーン・コムズが参加した話題作。舞台は、L.A.の犯罪多発地域イングルウッド。スラム街出身のマルコムは、名門ハーバード大への進学を夢見て勉学に励む高校生。趣味は、バンド活動と90年代ヒップホップを聴くこと。そんな平凡な高校生が突然、大量のドラッグを預かる羽目に。持ち前の頭脳と度胸で人生最大のピンチを乗り切っていく、サクセス・ストーリーは必見です。(ただし、良い子は真似しちゃダメ!)

7月30日(土)より渋谷HUMAXシネマにて、8月13日(土)よりシネマート心斎橋にて全国順次公開
提供/パルコ 配給/ビーズインターナショナル

音楽も秀逸!『シング・ストリート 未来へのうた』

ミニシアター・ランキングにて2週連続1位(7月20日現在)を獲得中の本作。監督は、アカデミー賞(R)歌曲賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』でおなじみのジョン・カーニー。待望の最新作は、元ミュージシャンとしても知られる彼の自伝的作品。舞台は1985年、不況にあえぐアイルランドのダブリン。冴えない高校生が好きな女の子の気を引くため、バンド活動を開始。80年代の名曲や80年代風のオリジナル曲をたっぷりと使用し、少年たちが自らの人生を切り開いていく姿を爽快に描いています。

ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほかにて全国順次公開中
配給/ギャガ

1/2ページ

最終更新:8/2(火) 20:22

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]