ここから本文です

県立高ボクシング部顧問 近所の男性殴った疑いで逮捕

上毛新聞 7月31日(日)6時0分配信

 近所に住む男性を殴り、全治2週間のけがを負わせたとして、大泉署は30日、傷害の疑いで、大泉町北小泉に住む県立高校男性教諭(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は28日午後7時50分ごろ、自宅近くの路上で、近所に住む男性(49)に頭や腹を殴る暴行を加え、けがを負わせた疑い。「頭を殴ったのは間違いない」などと容疑を大筋で認めている。

 同署によると、男性教諭と殴られた男性は以前から面識があった。家族間のトラブルで、双方からたびたび警察に相談が寄せられていた。事件翌日の29日に男性が同署に被害届を提出した。

 男性教諭は数学を教え、3年生の副担任とボクシング部の顧問を務めている。職務態度に問題はなかったという。

 逮捕された男性教諭が勤務する校長は上毛新聞の取材に「事件を聞き、驚いている。被害者の方に申し訳ない。関係する皆さまにご心配をかけたことをおわびしたい。二度と起きないよう指導を徹底していく」と話した。夏休み前の15日、教職員に不祥事防止を呼び掛けたばかりだった。

最終更新:7月31日(日)6時0分

上毛新聞