ここから本文です

[月刊G 8月号]二軍マネジャー・佐藤弘祐さん 捕手として培った「先を読む力」

スポーツ報知 7月31日(日)11時30分配信 (有料記事)

[ツナグ:巨人を支える人と人]

 2009年に現役を引退し、ブルペン捕手、二軍サブマネジャーを経て、今年から二軍マネジャーを務める佐藤弘祐さん(30)。高校時代は東北高(宮城)で1学年上の雄平(ヤクルト)、1学年下のダルビッシュ有(レンジャーズ)のボールを受けた大型捕手だった。巨人で一軍出場はなかったが、捕手として身につけた「先を読む力」が、現在の仕事に大きくつながっている。取材・構成=楢崎豊(編集部)

 マネジャーという職業を野球のポジションに例えるならば、間違いなく捕手だろう。佐藤さんは今の自分の仕事について「キャッチャー色が出ていると思います。いろいろなことを想定していますし、あの人だったらこう思うだろうな、と先を考えて行動しているつもりです」と話す。本文:5,140文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7月31日(日)11時30分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報