ここから本文です

日本が生んだ名機たちを愛でよう。2016年の「機械遺産」にスバル360など

ギズモード・ジャパン 7月31日(日)19時10分配信

日本の機械工学の学会である、日本機械学会。創立は1897年(明治30年)と、長い歴史を誇ります。

その日本機械学会が9年前から発表しているのが、歴史的に意義のある機械、名づけて「機械遺産」。

2016年度、その栄えある賞を受賞したのは国民車とも呼ばれた、「スバル360」などでした。

スバル360は、低価格と実用性を兼ね備えた、1958年発売の名車。「かぶと虫(ビートル)」という愛称のフォルクスワーゲンのタイプ1に対し、「てんとう虫」と呼ばれ、庶民に広く親しまれました。

また、今回機械遺産に選ばれたのは全部で7つあり、こちらは、日本初のレジである「ゼニアイキ」です。名前の由来は、金(ゼニ)勘定が合うことからだそうですよ。

そしてこれは、竹内鉄工(現・タケウチテクノ)が1962年(昭和37年)に開発した、日本初の移動式ブラシ付門型自動洗車機。洗車機は、今では世界中のガソリンスタンドに普及していますが、これがその原型なんだそうですよ。

その他にも、日本のガソリンスタンドの原型「ガソリン計量機」や、和歌山県で今も現役で活躍する「樫野埼灯台」などが選出されています。

こうして見ると、やはりレトロな印象は受けるものの、歴史を作ってきた機械たちの「凄み」を感じますよね。

過去の受賞など、気になる方は機械遺産のウェブサイトからどうぞ。

Top image by Yasuhiko Ito via Flickr
source: 日本機械学会 via 産経ニュース

最終更新:7月31日(日)19時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]