ここから本文です

東芝、「主力10人不在」の夏合宿。帰京後、SR組合流で仕上げへ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月31日(日)8時5分配信

 毎夏恒例の「オホーツクラグビーフェスティバル in 網走」が7月30日、網走スポーツトレーニングフィールドで開催された。道東は夏でも湿気が低く快適な気候が続くことから、トップリーグチームが多く合宿を張ることで知られているが、この日は試合開始の12時には気温29度。湿度も70パーセント台と厳しいコンディションだったが、グラウンドには多くのファンが観戦に訪れた。

ライオンズが初のスーパーラグビー決勝進出! ハイランダーズ連覇ならず

 この日、もっとも多くの観客を集めたのは、最後に行われた東芝ブレイブルーパス対神戸製鋼コベルコスティーラーズ。セットプレーで優位に立った神戸製鋼が39-28で勝利を収めた。
 昨シーズン、トップリーグ準優勝の東芝は大野均、三上正貴らサンウルブズ組は休養で不参加。リーチ マイケルもスーパーラグビーで不在、さらには豊島翔平、徳永祥尭がリオ五輪参加と、主力を10名近く欠いての夏合宿を強いられた。神戸製鋼戦にはHO橋本大吾(筑波大)、FLマルジーン・イラウア(帝京大)らルーキーを先発させたが、前半はスクラムでペナルティトライを許すなど、セットで後手に回った。
 冨岡鉄平監督は「コアメンバーがいない中、課題も出たが、見えてきたものもたくさんあった」と振り返る。「合宿を通じて選手の理解度が深まった。合宿前より、明らかにチームとしてのレベルは上がっている」と森田佳寿主将も手ごたえを口にした。帰京後はサンウルブズ組も合流、8月12日(金)に恒例の夏の府中ダービー・サントリーサンゴリアス戦を経て27日の開幕(クボタスピアーズ戦)を迎える。
「(チーム作りの)厳しさは覚悟している」(冨岡監督)。2009年度以来のトップリーグ制覇へ、残り4週間、待ったなしだ。

(文:森本優子)

<オホーツクラグビーフェスティバル in 網走 その他の結果>

・豊田自動織機シャトルズ 29-12 コカ・コーラレッドスパークス
・NECグリーンロケッツ 21-15 Honda HEAT
・NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 26-14 リコーブラックラムズ
・サントリーサンゴリアス 21-19 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

最終更新:7月31日(日)8時5分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)