ここから本文です

【速報】錦織 大会初の決勝進出でマスターズ初V王手、ワウリンカ破る<男子テニス>

tennis365.net 7月31日(日)5時39分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は30日、シングルス準決勝が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が第2シードのS・ワウリンカ(スイス)を7-6 (8-6), 6-1のストレートで破り、大会初の決勝進出を果たすと同時に、マスターズ初優勝に王手をかけた。決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第10シードのG・モンフィス(フランス)の勝者と対戦する。

錦織vsワウリンカ 1ポイント詳細

この試合、第4ゲームで錦織はミスを重ねてしまいブレークを許す。その後は第9ゲームでブレークバックに成功し、第11ゲームでは15-40とチャンスを掴むも活かすことが出来なかった。タイブレークでは痛恨のダブルフォルトを犯すなどで、4-6とワウリンカにセットポイントを握られるも、逆転で第1セットを先取。

第2セットに入ると試合の流れが錦織に傾き、第2ゲームでワウリンカのサービスを破った。その後も主導権を握り、ワウリンカとの対戦成績を2勝3敗とした。

昨年のロジャーズ・カップは準々決勝でR・ナダル(スペイン)に初勝利し、大会初のベスト4へ進出。準決勝ではA・マレー(英国)に完敗した。

過去のマスターズは、2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)と今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)で決勝へ進出したが、惜しくも初優勝を逃した。

今大会は、左脇腹の痛みで途中棄権した7月上旬のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来の大会。初戦の2回戦で予選勝者のD・ノビコフ(アメリカ)、3回戦でR・ラム(アメリカ)、準々決勝で元世界ランク8位のG・ディミトロフ(ブルガリア)、そして準決勝でワウリンカを破っての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7月31日(日)7時42分

tennis365.net