ここから本文です

【都知事選】小池百合子氏「議会と連携」「不信任は難しい」 対決姿勢を一転

BuzzFeed Japan 7/31(日) 21:22配信

7月31日投開票の東京都知事戦は、小池百合子氏(64)が勝った。当選インタビューで、小池氏が批判してきた東京都議会との今後の関係を問われ、「議会も都民に選ばれる。都民のために連携したい」と一転して融和姿勢を見せた。【BuzzFeed / 古田大輔】

自民党からの推薦を得ずに立候補した小池氏は当初、自民党都連との対決姿勢を鮮明にしていた。「情報が閉ざされている」などと内田茂議長を名指しで批判。「都議会の冒頭解散」まで口にし、「議会の透明化」を公約に掲げていた。

しかし、当選インタビューでこの点について問われると、対決姿勢はなりを潜めた。
議会からの不信任決議がないと解散できないことに触れ、「決議は現実的ではない」と解散を事実上否定。「都民ファーストで議会と連携したい」と繰り返した。

実際に知事として政策を実現するためには、議会との関係は重要だ。都知事選で自民、公明だけでなく、野党統一候補とも戦った小池氏は、議会に強い基盤はない。都議らの支持をどう広げ、改革を実現していくか。

2017年は東京都議選がある。小池氏が地域政党を作り、都議会での勢力を拡大しようとするのではないか、との見方もある。

最終更新:7/31(日) 21:22

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。