ここから本文です

映画が「名作」になる条件ってなに?

ギズモード・ジャパン 7月31日(日)20時10分配信

「名作」は「名作」ゆえに「名作」。

映画が名作になる条件って何でしょう? あまりにもざっくりとした質問なので、答えは到底見つからないかもしれません。ストーリーの出来? キャラクターの良さ? 優れた撮影技術?

映画の解説を行なうYoutubeチャンネル Now You See It(https://youtu.be/dnoJ_qQqAwg)では、作品を良作から名作へと昇華させている要素はなにかを分析し、次の3つの点にフォーカスを当てています。


【1】映画製作全体に影響を与えていること(ゆえに「市民ケーン」は名作中の名作)
【2】カルチャーに影響を与えていること(ゆえに「ジョーズ」は不朽の名作)
【3】各観客に影響を与えていること(ゆえにあなたが名作だと思う映画は超名作)


作品が映画製作に影響を与えるということは、その後の映画のつくられ方自体を永久に変えてしまうということです。また、作品がカルチャーに影響を与えるということは、わたしたちの世界の見方を変えるということ。

そして、作品が観客個人に対して影響を与えるということは、わたしたちが自分の人生を生きていくにあたって、支えとなってくれるものを得たということを意味します。

だから、名作をつくりだすものは何かという問いに対する答えは、その映画がもつ影響力だ、ということになるでしょう。その定義に異論はありません。

source: YouTube
Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文]

最終更新:7月31日(日)20時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]