ここから本文です

6敗目の広島黒田、梶谷&筒香に連続被弾「2球ともフォーク」

Full-Count 7月31日(日)8時24分配信

6敗目に悔しさ隠し切れず

 23日に日米通算200勝を達成した広島の黒田博樹投手が30日のDeNA戦に先発したが、梶谷、筒香に連続本塁打を浴びるなど、6回5失点で6敗目を喫した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

「ツーアウトからの失点が痛かった」と黒田が反省した5回の2失点は、桑原、石川を2者連続見逃し三振に取った後の被弾だった。

「2球ともフォーク」という連続本塁打は、梶谷には初球、筒香には2ボールからの3球目を打たれた。黒田は「梶谷には安易にいき過ぎた。筒香にはカウントを悪くした結果だった」と、悔しさを隠しきれない様子だった。

 4回に先制点を許した場面も、無死からこの2人への連続四球がきっかけだった。「筒香にはボールが先行してしまっての結果。あとは見ての通りです」と、表情は硬かった。

 前夜は19失点を喫しての大敗だった。「展開上、しっかりゲームを作っていかなければいけなかった。そういう気持ちで試合に入ったが、結果的には……」と口をつぐんだ。

 連日、厳しさを増す広島の暑さに、今年41歳になった右腕は、体調面での不安も隠せない状態だ。登板間隔の見直しなどを推奨する声もあるが、「それは僕が決めることではない。チームの方針に従うだけ。とにかく、いつでも次の登板に向けて準備をするだけです」と、チームの精神的支柱の心が折れることはない。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月31日(日)8時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]